Skip to content

借地権旧法と新法の差

借地権とはどのような権利なのでしょうか?土地に関する権利には、所有権と借地権の2種類があります。

借地権の場合は、その土地の所有権を持つ地主が別におり、借地権を持つ人は毎月地主に地代を払う必要があります。借地権は建物所有を目的とした権利で、地上権と賃借権の2種類があります。地上権を持っていればそれを登記でき、地上権のある土地に建っている建物を転貸したり売却したりすることができます。賃借権を持っている場合は、土地の所有者である地主の同意、承諾を得て初めて転貸したりや売却したりすることができます。

借地権付きマンションでは、そのほとんどが地上権ですが、賃借権である物件も少なくありません。地主の名義書き換え料(承諾料)は以前に比べると随分と低くなりましたが、バブル景気の頃には、高すぎるということで大問題になることも多かったのです。一戸建て住宅についている借地権のほとんどが賃借権であると言われています。

この借地権の基本となっているのが1992年(平成4年)8月1日に施行された借地借家法という法律です。この借地借家法施行日以前から存続している借地権に関しては、廃止になった旧「借地法」という法律が継続して適用されることになっています。既存住宅マーケットで流通している借地権物件のほとんどが旧「借地法」が適用される物件だと言われています。

新しい法律である「借地借家法」とすでに廃止になった旧「借地法」はどのような点が違うのでしょうか。わかりやすく解説をしたいと思います。